ラストマイルビークル

【レビュー】大人も乗れるキックボード「GLOBBER FLOW FOLDABLE」

3歳になる息子が友だちに借りたことがきっかけで、欲しいとせがまれ買うことになったキックボード。

最初は周りの子がよく乗っている三輪タイプのキックボードを探していたのですが、どうせなら自分(33歳)も乗れるタイプがいいなと思い、二輪タイプを探すことに。

結果的に購入したものが「GLOBBER FLOW FOLDABLE(グロッバー フロー・フォールダブル)」です。

ポイント
  • 3歳(後半)ぐらいから大人まで乗れる
  • コンパクトに折りたためるので、持ち運び・収納にも便利
  • 三輪タイプはカラフルでかわいいものが多いが、こちらは黒が基調でクールな感じ

Photo by Globber : https://www.globber.com/content/4-about-us

GLOBBERは2014年にフランスで立ち上がったブランドです。
元々スクーター業界(*1)で20年以上のキャリアを持つエキスパートたちによって設立され、信頼性の高さと革新的なデザイン、他にはない機能性を強みにして急速に世界中でシェアを拡大しています。
日本で使用されているのはほとんどがキックボードですが、フランスでは三輪車やバランスバイク(*2)も提供しているようです。
*1 日本の原付バイクのようなものではなく、前後に小さな車輪が付いた乗り物のこと
*2 ストライダーのようなもの

GLOBBERのキックボードシリーズ

GLOBBERが提供しているキックボードは大きく5つのシリーズがあります。

今回購入したのはFLOW(フロー)ですが、三輪タイプのURTIMUMも大人の利用が可能です。

また、FLOWの対象年齢は公式には6歳からとなっています。箱には110cmからという記載もありました。
3歳の息子(100cm)は乗るには乗れているのですが、やはり少し大きいかなという印象もありますので、公式の対象年齢以下でのご利用に際しては自己責任でお願いいたします。

シリーズ対象年齢(体重)車輪折りたたみ
EVO(エヴォ)1歳〜50kg三輪不可
PRIMO(プリモ)3歳〜50kg三輪
ELITE(エリート)3歳〜50kg三輪
ULTIMUM(アルティマム)5歳〜100kg(大人)三輪
FLOW(フロー)6歳〜100kg(大人)二輪

FLOW FOLDABLE(フロー・フォールダブル)の使用感

Amazonで購入。私が購入した際の価格は13,200円でした。

外箱はこんな感じ。箱から商品を取り出すとすでに組み立て終わった完成品でした。六角レンチは入っていたものの、特にどこかのボルトが緩いということもなく、折りたたまれている状態から広げればすぐに利用可能です。

ハンドルをフルに伸ばした状態。かなり高いですね。私の身長は178cmですが、違和感なくハンドルを握れる高さです。

このような感じで裏に4つの穴があり、4段階でハンドルの高さ調整が可能です。
息子が利用する際、最初は一番下の穴で設定していたのですが、それだとハンドルの高さが首のあたりになってしまい、乗りづらそうでした。

実は穴はないのですが、一番下の穴のさらに下までハンドルを下げることができ、且つ上部のハンドル固定レバーでちゃんと固定できたため、今はその高さで利用しています。
その設定でハンドルの高さが胸あたりです。

ブレーキは摩擦式のフットブレーキ。スピードを出しても足でギュッと踏めばしっかり止まれます。

息子はまだフットブレーキが使える状態ではないので、普通に漕いでいる方の足を地面に押し付けて止まっています。

折りたたんだ状態。ハンドル部分も折りたためます。この状態で持ち運びできますが、男性であれば問題なし、女性だと少し重いかもしれません。
そういった場合は、写真ではハンドルの高さを最も下げて折りたたんでいますが、もう少し高くした状態でたたみ、ハンドル部分はたたまなければ、前輪を地面に付けて引っ張るような形でも持ち運び可能です。
こちらの形であれば女性でも楽に運べるかと思います。

2週間ほど乗ってみての感想

満足度は高いです。
二輪なので息子も最初はバランスを取るのが難しく、結構転倒してましたが、30分ぐらいである程度乗れるようになりました。
二輪を選んだ理由には小さなころからバランス感覚が養えたらいいなーという思いもあったので。

ただまだスピードを出してスムーズにという感じではないので、まずは安定した土台で楽しめるようにという方であれば三輪タイプの方が良いと思います。

あと大人が乗る場合も問題なく乗れていますが、タイヤが小さいのである程度スピードを出して段差を超える場合は注意が必要です。
私もアスファルトの継ぎ目でタイヤが引っかかってしまい、つんのめり危うく転倒しそうになりました。

とはいえ注意していれば大丈夫なので、普段のちょっとした移動でも手軽に早く移動できて重宝しています(というか息子より私の方が乗ってる)。

まとめ
  • 公式には6歳からだが3歳でもなんとか乗れる(自己責任で)
  • ハンドルが一番下の穴でも高ければ穴はないけどさらにその下で設定
  • 安定性を重視であれば、三輪タイプを
  • アスファルトの継ぎ目などには注意

ABOUT ME
kazunosuke
kazunosuke
都内のWEB系企業に勤めています。33歳、妻と子の三人家族です。 当ブログでは仕事や趣味で買った商品・サービスのレビューを中心に情報をお届けします。